観光・食分野におけるICT活用イノベーションセミナー&県内先進事例発表開催!

2018.03.09

RAJC Report 編集部

観光・食野におけるICT活用イノベーションセミナー&県内先進事例発表開催!

【第1部】基調講演:お客様へ最高の料理とおもてなしを提供するICT活用

「元湯 陣屋 総料理長 藤本 厚 氏」を講師にお迎えし、40名以上の受講者が集まり、盛大に開催しました!

創業100年、神奈川県鶴巻温泉の「元湯 陣屋」。1万坪の庭園に息づく自然、数々の将棋・囲碁の名勝負の舞台となる「松風の間」など、これまでに明治天皇や数多くの貴賓をお迎えしてきた老舗旅館。
その中、10億円の負債からITの導入などにより旅館経営のV字回復を成し遂げ、宿泊業では常識破りの週休3日制を導入するなど革新的な事業を実践。

2014年より陣屋の総料理長を務める藤本氏。全国各地の有名旅館の料理を監修し、全国日本料理コンクール文部科学大臣賞を受賞するなど、確かな技術とICTを駆使する革新的な板前として、常識破りの取組みをご講演いただきました。

 〈講師〉藤本 厚 氏

【第2部】ICT活用に向けた県内先進事例発表

〇ファシリテーター
 旅館総合研究所 所長
 重松 正弥 氏

〇コメンテーター
 藤本 厚 氏

【県内先進事例発表】
事例発表①「株式会社ジーライオン ブランナールみささ ゼネラルマネージャー 永井 邦彦 氏」テーマ:「働き方改革に向けたICT導入と活用」

事例発表②「有限会社 温泉旅館 丸茂 代表取締役 森田 聡一郎 氏」 テーマ「ICT活用によるお客様へのサービス品質向上」

これまで、ファシリテーターである重松氏による講座を受け、県内でサービスイノベーションを実践している2事業所の代表の方に、先進的な取り組みのご紹介をいただきました!
また、それぞれの事業所について、引き続き藤本氏に様々なご助言をいただきました。

受講者もそれぞれの事業所の先進的な取り組みについて、注意深く耳を傾けておられ、観光・食分野におけるICT導入および活用に挑戦する実例に、共感や関心を抱いているようでした。

2部構成で行いましたが、大変内容の濃い、充実したプログラムとなり、受講者のみなさまからも「大変有意義な時間だった!」とありがたいお話をたくさん頂きました。

〈ファシリテーター〉重松 正弥 氏

事例発表①
株式会社ジーライオン ブランナールみささ 永井 邦彦 氏

事例発表②
有限会社 温泉旅館 丸茂 森田 聡一郎 氏

会場の様子

 

RAJC(鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会)の
支援事業やセミナー開催情報については、RAJCウェブサイトをご覧ください。

RAJCウェブサイト

Recommend あわせて読みたい