ICT導入および活用に向けた第1回講座を開催しました!

2017.10.25

RAJC Report 編集部

観光分野におけるICT導入および活用に向けたアウトプット型育成プログラム「第1回講座:成功企業の実例研究」。午前の部は事例研究、午後の部は中核人材の重要性のテーマのもと充実の講座を開催しました!

このメニューは計6回のセミナーと講座を受講いただくことで、ICT導入や活用により人事改革と業務改革を一体として考えた働き方改革を推進し、それぞれの事業所別に最適な改善策を見つけ出す、実践しながら戦略を構築していくプログラムとなっています。

今回は2部構成となっており、午前の部では、10億円の負債状況からIT導入や高級志向など常識破りの試みを次々と行い、旅館経営のV字回復を行った神奈川県鶴巻温泉の100年近く続く老舗旅館「元湯陣屋」4代目女将、宮崎 知子さまをお招きし、同じ課題を抱えている受講者の皆様にとって、非常に分かりやすい語り口であり、先進事例の取り組みに真剣に耳を傾けていました。

午後の部では、引き続き旅館総合研究所所長、重松 正弥 さまによる、ICT導入により事業再生へと導いた実例や人材育成の重要性についてご講演いただきました。

 

元湯陣屋 4代目女将
 宮崎 知子 氏

会場の様子
  

RAJC(鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会)の
支援事業やセミナー開催情報については、RAJCウェブサイトをご覧ください。

RAJCウェブサイト

Recommend あわせて読みたい