デジタル経営力育成講座【1st】

2021.06.11

RAJC Report 編集部

国内外の多くの企業で採用されている、様々なソフトウェアシステムの開発に携わり、世界を舞台にデジタルイノベーションを巻き起こす、株式会社EBILAB 最高戦略責任者 常盤木氏による経営力を育成する5回シリーズの講座がスタート!

講師プロフィール

株式会社EBILAB
最高戦略責任者

常盤木 龍治 氏(ときわぎ りゅうじ)

これまで数々の No.1シェアITプロダクトに携わってきた、エバンジェリスト/プロダクトマネージャー/軍師。現在はEBILAB、レキサス、LiLz、パーソルグループ、PCAで同時に働くパラレルキャリアを実践。次代のプロダクトオーナー育成に力をいれており自走型組織への変革支援を得意とする。
2018年初頭よりゑびやに数多くの No.1シェアソフトウェアプロダクトと育ててきた知見をみこまれ事業戦略アドバイザーとして参画。
2018年、EBILAB創業メンバーとして最高戦略責任者/最高技術責任者/エバンジェリストに就任。現在、沖縄へ移住し様々な事業のコミュニティを運営する。

1回目となる今回は、「DXが地方にもたらすものとは~地方地域固有の価値をDXで活かし未来に伝えよう~」をテーマに、地方地域で実践的にデジタル経営に取り組む意義や現実的な初めの第一歩、目標の立て方について、理解を深めました。

毎回熱いご講演いただく常盤木氏ですが、今回はコロナの影響により、オンラインの開催となりましたが、オンラインとは思えないほど、画面越しでも熱さを感じる、講座となりました。

また、情報共有の場として、SNSのグループを作成されるなど、継続的にフォローいただけるとのことで、受講者の皆さまの満足度も高かったようです。

2回目からもご参加いただけます。ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください。

セミナーの様子

RAJC(鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会)の
支援事業やセミナー開催情報については、RAJCウェブサイトをご覧ください。

RAJCウェブサイト

Recommend あわせて読みたい