5S活動とQCサークル活動でマインドチェンジ。働きやすく豊かな生活を提供できる会社へ

有限会社エイブル精機
代表取締役社長 西山 靖夫 氏

2022.03.31

RAJC Report 編集部

企業が何かを生産するには、さまざまな機械が欠かせない。エイブル精機は、それらの製造に使用する機械を製造する、ものづくりを根幹で支える企業だ。企画、設計から設置して稼働まで、さらにメンテナンスも一貫体制で請け負えるのが強み。電機機器、電子部品、自動車、食品など多岐にわたって対応しており、エンドユーザーには自動車やスマートフォンをはじめとする国内外の有名大手メーカーも名を連ねる。2018年には新工場を増設。少量多品種生産などの時流を味方に付けて業績を伸ばしている。

本記事では、順調に成長を遂げるエイブル精機が将来へのさらなる発展をめざし、より働きやすい職場づくりを進める取組を紹介する。

企業データ

有限会社 エイブル精機

各種自動化省力化機械の設計・製造・メンテナンス、各種装置のOEM生産を行う「ものづくり」企業。

住所:鳥取県米子市和田町1415-2
電話:0859-25-1811

5S活動とQCサークル活動で社内改革。社内も人間関係も気持ちの良い環境に

「ものづくりのためのものづくり」で産業を支えるエイブル精機。納期最優先で動く現場は、長時間労働や休日出勤が常態化しているのが実情だ。全国的に働き方改革が進むいま、若手やこれから入社する社員にこの体制が魅力的と映らないのは明白だ。この状況を打破し、なおかつ効率を上げて業績を維持する変革を起こすべく、エイブル精機は社内改革から着手した。それが「5S活動※」と「QCサークル※活動」である。活動に取り組む前の現場は、お世辞にもきれいとはいえなかった。通路にはものがあふれ、道具がどこにあるかわからないのが当たり前で、探すのに多くの時間を費やした。

西山氏:社員で知恵を出し合って、通路にラインを引き、片側にはものを置かないルールを作って、通行しやすくしました。安全性も非常に上がったと感じます。また、工具置き場に収納された状態の写真を貼り、道具を戻す位置を明確にしました。これにより、ものを探す時間が短くなって、作業効率が上がりました。

QCサークル活動で風通し良い職場に自発的な改善へマインドチェンジ

製造の4グループが全員参加で、それぞれ自主的に会議を開き、各グループの問題点を洗い出して改善に取り組む活動を推進した。一番の大きな成果は、職場の風通しが良くなったことだ。

西山氏:それまでグループミーティングの習慣がありませんでした。意見を言いにくい、あるいは誰に話せばいいかわからない状況だったと思います。活動により、みんなで会議をする習慣ができ、意見が言いやすい環境づくりに一役買っていると思います。

取組を始めて約2年。5SもQCも、風土として定着しつつある。社員同士で自主的にルールを話し合って決める姿も見られるようになった。当初は乗り気でなかった社員も、きれいな職場や会話の増加など良さを体感して前向きに。全社でマインドチェンジが進んでいる。

クドバスチャートで部署を越えた改善へ。人材育成、現場実態把握にも活用

2年間の社内改善活動を経て、エイブル精機は社員がRAJCの人材開発プラン作成実践セミナーで学んだ「クドバスチャート※」を使ってさらに踏み込んだ活動を進めている。

西山氏:QCはグループごとの活動でしたが、クドバスチャートではその枠を越えて課題解決に取り組んでいます。KJ法を用いて問題点を抽出し、全社員が解決に向かえるルール作りを行います。若手を中心とした代表者6人程度で構成する「改革委員会」が運営を行っています。例えば「連絡が悪い」という問題については、受注時と発注時にミーティングで情報共有すると社員が自発的に決めました。

また、クドバスチャートは人材育成にも活用している。個々の社員の能力に加え、各機械の操作をできる人材が何人いるかなども数値化し、個人のスキルアップと現場の弱点強化の双方から状況改善・効率化をめざす。

ものづくりで働きたい人の受け皿となり、米子市、鳥取県に必要とされる会社に

社内改善に取り組んだ結果、社員に笑顔が増えたと西山氏は実感している。

西山氏:米子市は製造業が少ないので、ものづくりが好きな若者たちが働ける場所が少ないのです。そういう受け皿になって、一人でも多くの若い人を米子に残し、米子市、鳥取県に必要とされる会社になりたいですね。

これまで社員に改革を求めたが、会社側も新たな挑戦を始めた。まずはスキルマップと連動させた給与体系の見直しを図り、透明性の高い給与システムの構築をめざす。目的はあくまでも人材育成。儲けるために改革するのではなく、「人が育てば利益は自然とついてくる」と信じ、社の成長と社員の豊かな生活を追求する。

※5S:整理・整頓・清掃・清潔・しつけ 

※QCサークル:第一線の職場で働く人々が自主的に運営を行い、製品やサービス、仕事などの質の管理・改善に取り組む小集団活動のグループ

※クドバス(CUDBAS)法 [A method of Curriculum Development Based on Ability Structure]該当業務をよく知るグループにより、能力、資質分析を記述しながらカリキュラム開発を行う手法。

RAJC(鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会)の
支援事業やセミナー開催情報については、RAJCウェブサイトをご覧ください。

RAJCウェブサイト

Recommend あわせて読みたい